HOME > LIFEニュース

生活やエネルギーに関する便利でオトクな情報を発信します。
(2020年4月6日更新)


 浴室の大敵……それはカビです。春が過ぎ、温度と湿度が上がるにつれて、じめじめが気になってきますよね。お掃除の徹底もいいですが、そのお悩みを浴室暖房乾燥機で解決してみませんか?

 浴室に潜むカビの種類って?

 浴室で見かけるカビには、主に以下の3種類があります。
・黒カビ
よく見かける黒いカビ。ニオイもあり、増えるとなかなか落ちません。
・青カビ
浴室の壁や床に多い青カビは、ニオイの原因でもあります。
・赤カビ
実はカビではなく赤色酵母。ヌルヌルしていて、繁殖スピードが速いです。

 これらのカビに共通しているのは、きれいにしているつもりでも、いつの間にか繁殖していること。日々のお掃除だけでは、カビを撃退するのはなかなか大変ですよね。
 カビは温度が20〜30℃、湿度が約75%になったときに発生しやすくなります。また、流し切れていない石鹸カスや皮脂などはカビの大好物。そのため、
・入浴後は浴槽や壁、床を冷たい水で流す
・しっかり換気する
・石鹸やシャンプーボトルを置きっぱなしにしない
……などを励行することで、予防することができます。

 浴室乾燥機でカビを防ごう!

 とはいえ、やっぱりカビはとっても頑固! 毎日予防しても、いつの間にか現れてしまいます。それに、忙しい毎日の中で、入浴のたびにカビ対策をするのは、ちょっとめんどうです。
 そこでオススメなのが、浴室暖房乾燥機です! 浴室暖房乾燥機なら、短時間で浴室をカラッと乾燥してくれます。それにより、カビや結露の発生を抑え、お掃除の手間がぐんと減ります。洗濯物を干したら、浴室が衣類乾燥室に早変わり。部屋干し独特の嫌なニオイもありません。
 夏は湿気を取り除き、冬は浴室暖房としてヒートショック事故を防いでくれるので、1年中快適。オススメは、電気式より温水式。パワフルなガスの力で、理想の入浴タイムを実現します!

(資料出所・CFC)